AKO’S Monologue

  • 貯筋肉

    創った造語 貯金を文字ってプラス筋肉で チョキンニク!!筋肉の貯えることも大事だから=貯筋肉。笑 肉体を支える骨や筋肉は大事。先日も研究熱心な深堀りする友達といろいろ話していて刺激をうけた。彼女の得意とするカラダ&生活全般ジャンルを聞いているとオモシロイ。わたしの得意ジャンルと違うけれど重なってくる根源!わたしも服を着てオシャレを楽しむ心も・・結局は身体とこころの健康あってのこと。楽しむ余裕って日常の健やかさだと思う。この健康維持してのもの。健康の維持の仕方も人それぞれでいい。前は、若さが眩しく輝いてみえたけれど、今はさまざまな経験からの考えを持った大人女子と話しているとなんとも言えないえないしなやかな美しさを感じる。お店前の街路樹が赤黄色、濃いえんじ色の枯葉が風に舞う・・掃き掃除しても はらはらと落ちる葉はきりがない。青々と生い茂っている葉には目が留まらなかったけれど、色のせいか・・うつろい、はかなさのせいか目がいく。若さに固執することなく、はかなさ・・可憐・・今を受け入れて今がこれからの未来をつくるから。なんでも・・。 

  • NIWA

    庭掃除をしていると夏に比べて雑草の生えるスピードと勢いがゆっくりしてきたことを感じ・・落ち葉がふえ、金木犀の花も散り、ピンクのさざんかが咲き季節の移りゆくのを感じながら庭作業。もちろん、こんなに季節は変わっていても だいっきらいな蚊がいて・・・ニガ笑 綺麗にしていけばいくほど、小さな小さな草が目にとまり気になっていく。。。禅寺の美しさを最初見ると正直、異常さを感じてしまうトコロがあるけれど、いつも手入れをしている方からすると自然とそうなっていってしまったところがあるのだろうなぁー--と思った。私の庭掃除もそうだったから・・・。綺麗にすればするほど、シンプルになればなるほど、整えば整うほど際立つ乱れと崩れ。花びらが散っていってしまうのでほどほどにして作業終了。草をとっているとうら銀シジミ(蝶)が私の気配に飛び立とうとするも飛び立てないでいる様子でいた。目を離すといつの間にか飛び去っていたがきっと冬前にいなくなってしまうのだろう。。庭作業していると意識の仕方で見えてなかったものが見えてくるもの。虫は嫌いだけど、いつの間にか姿を消す虫たち。意識の仕方・置き方は自分自身で変えることはできる・・・なんでもそうだと思う。。。大人になって変えることは自分自身でしかできない。。エレガンスって「選択する」という意味を持っているそうだ。do or don’t を選ぶのは自分。エレガントな女性は自分の意志が色々なところで感じられるからステキに映るのかもしれない。。 

  • 林檎

    頂いたリンゴの香り良いのでついつい2個ペロリ食べてしまいました。歯ごたえシャキッシャキと甘みもあり私好みの食感としっかりとした濃い味・・矯正始めて以来のリンゴだったような気がします。笑 歯茎と歯が痛いのでリンゴが怖くて怖くて避けていたところ・リンゴのあまい香りの誘惑に負けて食べると・・虜・禁断の果実だけあるある!味! お客さんと林檎話題で花咲き、リンゴ種類の情報交換いろいろ聞きました。因みに、頂いた品種はシナノスイート。頂いた方に果樹園さんの名前を聞いて即電話する入れ込みよう・・笑 なかなかつながらない電話やっと18時過ぎ遅い時間の電話も失礼と思いつつもトライ。もう一度あの味が食べたいなとようやく繋がり、農家のおじちゃんのぶっきらぼうな言い方で「もうシナノスイートは終わったよ」「次はふじで12月」と言われ切られてしまいました。収穫の時期が短いのもあり、その旬のその瞬間を味わうこと!!色々調べてみると林檎の品種ごとの収穫時期はそれぞれ。。それぞれの林檎をその時々で楽しむものだと。。もう今年は食べられない・・・シナノスイート。ちこちゃんに「ボーっといきてるんじゃねぇよ!」っと突っ込まれたいところ。旬=一瞬だわ・・旬を味わう「時」を感じた。そして、「その時」を満喫する。また再び一年後食べる味を楽しみにして待ちたい。。

  • GO

    となりの島根県だけど山口県と勘違いしてしまう津和野に行きました。かっこいい城の石垣がある津和野。小高い山頂にあるからこっそりひっそり天空の城ラピュタのように感じるスポットもあったりする。何度か訪れていたけど初めて今回歩いて登った。去年整備されたらしく新しく舗装と整備されていたのでスムーズに登頂。城跡には立派な紅葉があちこちにあり色づいてる木もあり紅が美しかった。帰り道違うコースいくことに・・人手がほとんど入ってなくうっそうと茂る林、暗く獣道よりちょっと広い道で厚い落葉の上をひたすら歩いた。人の気配なく始めてで土地感もわからない道は、ずっと来た方向を背にして真逆に進んでいた。一瞬、引きかえそうか迷ったけど、2度としない体験になるかもしれないし、道は続いてるからどこかに下りるはずと・・・。突然、明るくなるといつの間にか下山していた。笑 キョロキョロしていると大きな一本杉(確か幹回り4.7メートル)どっしりとカッコよく根をおろしていた。そこは由緒ある神社だった。途中ちょっと焦ったり後悔したりしたけど、結果オーライ!!進んでみれば何か発見あるものだなーーっと。ちっさなプチ冒険もたまにはしてみるものだわ 笑 知らないことをドキドキ楽しむ冒険こころ、、大事だわ!!

  • パパたち

    日ごろほとんど男性と話はしない。取引さんや知人と話をすることがあった。だれも皆珍しく!晴れない様子だった・・。元々明るく活発なイメージだったから会話をしていくと仕事の事でじゃなくて、それぞれ息子や娘のことが原因だった。私に子供もいないし母親でもないから心痛める具合や悩みは想像つかない。皆ぶ厚~~い雲が覆っている様子のだった。自分本人の事なら皆自分で気持ち切り替え、考えに踏ん切りつけたり解決する方へと行動していけるタイプなのに、子供たちのことになるとそうはいかない様子で悩んでいた。。子育てしながら親もいっしょに成長させられるというのは正にこういうことなのだろう・・・それが今なのだろう。正しさではないからいろいろ切なく心痛めるのだろう。そのとき(一瞬)のその答え(かける言葉や態度)は、その本人(気持ちと感情と環境)次第なのだろう。私が彼らの立場ならどうするかな・・っと言っても、子供本人の個性タイプ次第だろうと思う。彼らがあれからどうしたのかはわからない・・。すぐに解決もでないから時間をかけて子供の成長とともにふんわりと薄まっていくかんじなのだろう。。口数少なめ男子たちは相談もせずに父親としてあれこれ考えながら、働きながらいろいろ抱えているのだな・・・って感じた。

  • 女優

    草笛光子さんが88歳だということそして、今もピンヒールを履いていらっしゃるの!!とお客様から聞いた。何が違うのかな??っ!!。ずいぶん前、岩下志麻さんが椅子の背もたれを決して使わないということを聞いたことがある。天海祐希さんが出演したものを観て自分は完璧と思い反省しなくなったら女優をやめると言われていた。女優として、その方の考えや生き方がオーラとなってもっとその方を輝かせているのだと思う。一般社会人は観られるという事はないけど、自分自身がどんな人でいたいか、どんな人柄でいたいか、自分次第でいられるような気がする。 わたしはコンプレックスの塊で被害妄想で超マイナス思考でいたときもあった。ないものねだりをしていたし人と自分を比べてばかりいたし身長が高いことを全ての言い訳にしていた時期もあった。ニガ笑 確か・・・中国で身長を高くする手術に失敗して歩けなくなっている同年代の男の子が出ていた番組を見たときに私のコンプレックスも諦めがついた。ホント何気なく見ていた番組。どうしようもできないことがある!どうにかできる事とできない事。どうしようもできないことは悩んでも仕方ないから考えるのをストップする!!やめる。自分ができる事を日々意識して継続したから女優の方々の品と美しさと凛々しさがあるのかもしれない。一日の3分×30日×12か月×年数 長い目で見ればドンドンドンドンドンドンと微差が大差になっていく。。

  • 日々

    いろんな方と話をすることがホント有難いな・・と思う。もともと学生時代は、いろいろギクシャクし衝突したり、イヤなこと苦いことも多かった人付き合い。自分の気性の粗さが原因だったり、コトバ、言い方話し方に問題があったのだと反省しつつ今思い返す。。だから、反動で口数少ない時期もあった(=貝の時期)笑。自分が人付き合い=コミュニケーションを自然にスムーズにとれるタイプじゃない事に気づくのが早かったかもしれない。社会人4,5年経ったころから少しずつ話ができるようになっていった気がする。それは接客ができるようになった頃と重なる。コミュニケーションってホント技術なのだと最近またつくづく感じることがある。いろんな経験や思いをしていらっしゃる方だから出る言葉。。。この社会でコミュニケーションの取り方も変わったから益々感じるコミュニケーションの大事さ。コミュニケーションのエチケット!!接客通して多くの方とサマザマな会話することで、その方の経験と想いと考えを少しお借りできてるからだと思う。人と人の間には物が存在する。物のやりとりがあって成立するけどそれだけじゃないのだと強く思う。コロナをきっかけにモノだけじゃ満たされないことに気づき始めた。自分自身に関心を寄せる人、家族一員の動物や植物に注いでいる人もいる。どこでも物は買える。誰から・・をもう一度振り返りながら日々いたい。

  • 北風

    ここ最近になって北風が吹き始めた・・北風と太陽 イソップ物語をいつも思い出す・・。誰もが知っているお話。北風と太陽が一人の旅人のマントを脱がせようと競いあう話。北風は自信満々で自分の風の勢いがあれば容易く飛んでいくと思っていたがそうはいかず、結局、太陽のポカポカと温かい陽を浴びて旅人自らがマントを脱ぐことになる。 この話からいろいろな教訓がある。。力任せや物理的なことで人のこころは動かせないということ、思い通りにならないということ。焦れば焦るほど逆効果になっていくシチュエーションによって柔軟な発想をもって行うこと。急いで結果を求めずじっくりと時間をかけることも必要だということ。温かさをもって接すれば人の心も動くものがあるということ。毎年、北風を感じるとこのイソップの話を思い出す。。。笑 いい年になって人から注意も指摘も受けなくなり自分を改めることも見返り反省することもなくなる。年を重ね横柄になったり、ずぅずぅしい自己中心的に振舞ってしまうので気をつけたいなと思うこの頃。。先日、病院の待合室で大声で話し物の言い方もコトバ遣いもこの人はいつから?こんなオバサンになってしまったのだろう・・・ってつい思ってしまった・・きっとこの人も可愛らしい時期がきっとあったはずと・・。

  • kyo-sei

    矯正治療をはじめてから・・かれこれマル3年と半年経ち。0歳だった赤ちゃんが3歳と6ヶ月の子に例えることができると・・ずいぶん月日が経過したなぁって思う。その間、矯正治療といえば 歯の表面にブラケットをつけてワイヤーをする治療しつつ、クチの内側に拡張器をして約2年ぐらいは装着していた・・その器具がやっと外れた。話をするのもスムーズだし、いちいち食事の度に外さなければならなかったし、ジワジワ拡張する装置だったので頭痛に襲われた時期もあった・・それが卒業だからめっちゃ嬉しい!!!!!はずだけれど、取れたら取れたで不安になるもの。。笑 先生に「絶対に横向きで寝ないでくださいね」と注意されている。頭の重さがあごにかかるとせっかく拡張した顎[U字型]が頭の重さで歯並び[V字型]になってしまうから・・ひやひやドキドキもの。寝相って無意識にその人の心理状況がでるものだから、意識しているときは真上を向いて寝るが、私自身ちょっと疲れていると自然と横向きで寝ている傾向になるような気がしてる。笑 人間の心理心境ってホント複雑だったりする。笑 一定を保つってそうそうない。。笑 一生つけてはいられないのだから・・と先生もつぶやいていられた笑 一生という表現で、一生舌のトレーニングは続けてくださいね!!とも言われた笑 一生って表現・・あんまりする機会もなければされる機会もないはずで・・ちょっと笑った。お洋服で昔は一生モノって言って高価な服を買う時に説得か納得かわからないアンジをしていたものだった・・笑。一生といえば、結婚式の誓いで一生涯~と宣誓するときぐらいしか想像つかないのに・・・わたしは、舌のトレーニング!笑えてニガ笑。

  • Seme

    攻めと守り・・・おしゃれで攻めてるなぁ・・って表現があった。少し前の過去のような気がする・・。今、見直されてきている・・60代70代のオシャレを楽しむ女性のインスタグラムに注目が集まっている。その方々誰一人として、守りではなく、保守的なオシャレをしている人はいない。表現としては攻めてる!!【セメテル】色使いにしても、アクセサリーにしても大胆に好きを通していて、憧れの的になっているからフォロワーが多いのだと思う。その方々のスタイルと共に考えが感じられていい。年齢を気にしてしまう日本人女性。「可愛い」が何よりもTOPに君臨している価値観の社会にいるから仕方ないかもしれない。。可愛いが見た目だけのものでは決してない、素直さも可愛いらしい一面だとも思う。せめてるって攻撃的なだけではなくて、自分らしく凛とした佇まいでもあると思う。自分のスタイルがある人は、自分の考えのある人なのだと思う・・。自分の良し悪しでジャッジしてお買い物して身につけているのがお洋服。お家時間が長かったから内も外も境目がなくなってしまった。その中でも着ることお洒落心を楽しむことをしているのもスタイルなのだと思う。誰の為でもない自分の為。自分らしくいるため、ムリもしないでイイ・・、心地よくいられたら・・それを感じさせてくれる御姉様たち。

  • マロン

    まだまだ暑い日中だけれど、朝晩は涼しく秋の味覚の時期をむかえている。新米だったり、栗だったりと・・。ほっくりしたマロン好き女子は多いのではないだろうか・・笑 わたしも栗は好きだけれど、口にする時期がホント短い。ケーキ屋さんでは年中モンブランはあるけれど・・・。栗ごはんや茹で栗が、口にできるのはわずか。正に旬を楽しむ。 最近、妹が栗をあちこちから10日1度は届くというような取り寄せをしているので 栗剥きをする機会が多い。。最初はいやだったけれど、、ひたすらむき続ける・・・モクモクと剥くという地味な作業を日ごろしない私だから楽しくできていたりもしている。。笑 栗ごはんの栗の厚い皮と中の渋皮を剥くシタ処理が大変。毎日、家族に料理を作っている方にすれば、面倒な手間のかかる作業なのだと頭が下がる。。私みたいに気が向いて「たまに」というタイプだったら楽しめるけど。食べるだけの料理をしない人たちは、感謝しなきゃだ!!稲作をしてお米作りをしている人、スーパーに並ぶ野菜も全て人の手と時間がかかっている。。食品ロス・・ホント勿体ない。罰があたる。。。兼業農家でお米を作っていた祖父がお釜の一粒も無駄にせず食べていたのを小さい頃は貧乏くさいなぁって思った、わたしをホント恥じている。収穫の季節、秋の味覚を楽しむのに、見えていない全てに感謝して楽しもう。。

  • ミエナイもの・・・

    私はただ一つ安価だからっていうのが理由で条件なら買わないほうがいい。高価すぎて贅沢と思ってこれまた着ないなら1週間考えた方がいい。気に入ったもの、大切にする!!もったいない!!を大事にしたほうがいい。一時的感情と気分でお洋服を買うのは正直やめたほうがいい。商品になるまでにいろんな人が関わってお客さんの手元に・・・ミエナイもの(思い)がこもったのがモノ。持っているけれど着られない、買ったけど着られないなら相談してほしい、商品に関わった私のミエナイもの(思いと責任)もあるから。。

    今日は台風去って久しぶりに気持ち良い空の青色と秋風。。空の色って海の青が反射してるから青く見えるって聞いたことがある・・・事実かどうかわからないけれど(笑)ただ人間関係も合わせ鏡(ミラー効果)ってコトバが一時流行ったけど、同じ空間、目の前だけじゃなくて、遠くても・世界中どこまでも反射し始めてる。。。空と海めっちゃ離れてるのに同じ色になるよーに。目の前の事、視覚だけに囚われ過ぎてしまうと息つまることもある。もっと先。。人間だけが唯一動物で笑う事ができて空想と想像できる生き物らしい。。

  • ミエナイもの・・

    お洋服屋さんだからファッションの今&オシャレを提供することは勿論のこと。長年愛用して貰えるものを紹介することや着まわし方やお手入れの仕方をお伝えすることも大事なこと。たまに、以前に買っていただいた服をまだ着てて・・と謙遜されますが、愛用しているアイテムがあること大事にしていること←お洋服も私も嬉しいこと。愛着や愛用ってアイデンティティ。沢山あれば幸せなのかな??っていうこともある。。お洋服事態が好きだからついついコレクションしてるのでいつの間にかあるけれど極論言えば絵画のようなもの・・(笑)10年以上前に買ったパンツをはいてる今日。履かない時期もあったけれどやっぱり好きなアイテム!ファッションやオシャレって価値観だから同じじゃないのが当たり前。ヴィンテージや古着、こだわり、先端のモード、新しい着こなしや価値観になったりするもの。どっちがイイってことでもなければ正しいもマチガイでもない。「違い」なだけで個人の価値観でいい!!これからウイルスと共存してつづく生活、捉え方考え方も変化してくるから衣(ファッションやお洋服)に対しても食事の仕方も住空間環境も変わらざるおえない。ミエナイものが個人レベルで変化しているのは事実。

    強いものが生き残るのではない。最も賢いものが生き延びるものでもない。唯一生き残るのは変化できるもの・・BY ダーウィン「種の起源」 

    この言葉が最近思い出す・・・・ 

  • ミエナイもの

    世の中に見えないもの・・っていうと何を思い浮かべるかと言えば・・・風、空気、スマホの電波、音、愛、思い、考え、雰囲気、ストレスなどもあったり。。想像してみると世の中って見えないものだらけで多いことになる。久しぶりに熱量高めの思いと出くわし、好きなんだろうな…って・・。会話の中でのエピソードを聞くから伝わってくるものがあった。視覚だけに頼りきっているインスタグラム(写真、映像)だけじゃなくて、見えないものをいかにして伝えるかという事が大事になってくる気がする。。

    何故か??って。今お洋服・アパレル業界も、地球環境を考えた取り組み、過剰生産大量在庫問題、ごみを減らす=CO2削減や安価なお洋服ファッションなどで使われる原材料の生産過程(農薬散布、労働環境、悪状況など)も課題になっている。今までは見えていなかった事を伝えながら、考えていくことも大事だと思っています。一人の勿体ないと思う行動や大事にすることでずいぶんと環境に変わるし、ファッション・オシャレが好きだからこそ好きなことを徹してその背景社会にできる事も考えていきたいなと思っています。

  • 10年後

    会話でTVを見ない私だから今話題の人や俳優さんの名前はほとんど知らない。。先日ずいぶん話題になっていた鬼滅の刃をTVで観たと言ったら、大笑い・・。好奇心ある方だけど、興味ないことは放置で大して困りもしないのでそのまま・・。そんなだからTVを観たときはなるべく情報収集。映像の進化をしていて面白かった。VR経験したことがあるけどその初体験は面白く興奮した。想像以上というより想像もしてないことだけに無邪気に楽しめた。自分が知る事なんて極狭で極小。世界観や考え方を広げてくれる情報や事って世の中に溢れていて、これからドンドン芽をだしてくるのだろう。1年後も想像つかないけど、10年後はもっと進化した社会や世界になってるのだろう。進化と退化(劣化)は同時におこる。自分の事だけは想像もつき希望も理想もあっていいはず!!だから、自分事は自らで日々コントロール調整する。そして、時代の波が津波のように襲ってくるのか、それとも変化を感じていて馴染んでいけるか・・今だからもうちょっといろいろ広げていなきゃ 自分の頑固さと腰の重さと運動不足で沈んでいくだけかもしれない。。。

  • リフレーミング

    へーーーーっと思ったのでアコの独り言・・

    リフレーミング とは、物事をとらえる枠組みを変えて別の感じ方を持たせること ある出来事や物事を今の見方とは違った見方をすることで、それらの意味を変化させて気分や感情を変えること。元は心理学の言葉のようです。枠組みを変えるってなかなかむずかしい。。笑 だって、いつの間にか独りよがりになってしまったり、同じようにしかとらえられなくなってしまうのが老害。いろんな視点角度発想できなくなっている今。。だから、いろんな人の意見や考えに耳をかたむけたいと思ってもがいている 笑。時代もそうだ、前例のない今。。これから10年先に今をどう眺めることになるのだろう・・・と思うと、私の人生中の今は今でしかないから、仕方なく先送りする事柄もある海外在住の親友に会いに行くなどはいけない。。だけど、今できる事があるはず。。心理学を学んだときに、ドーナツの齧られてる部分を見るのか、ドーナツ全体を見るのか、ドーナツの下の皿を見るのか、何の種類のドーナツか見るのか 見方は色色。。生活すべてにおいて、リフレーミングするときと思う。 お洋服も、たかが服されど服!、お洋服屋を始めた最初と同じ気持ちになっている=リスタート!緊張感でおしゃれ、着こなしセンス、情報には貪欲になってるかなーー自分もお店もリフレーミングしてみます。

page top